120年以上にわたり、サステナビリティはロシュのビジネスに不可欠な要素となっています。私たちは、世界で最も急務とされている医療ニーズに対応できる診断薬や医薬品を開発し、医療を向上させること、社員に働きがいのある職場を提供すること、あらゆるステークホルダーの信頼できるパートナーになること、そして、地域社会に貢献していくことを目指しています。

ロシュは2009年から連続して、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスにおいて最も持続可能なヘルスケア企業の1つとして認められています。

ロシュでは日本政府の策定した「責任あるサプライチェーン等における人権尊重のためのガイドライン」に沿った行動指針を策定しています。

ロシュは、すべての事業分野において、その持続可能性に取り組むことを表明しています。

一般社団法人日本臨床検査薬協会及び一般社団法人日本医療機器産業連合会の趣旨に賛同した当社指針と、関連情報を開示しています。

医療の発展や健康増進のため、医療機関を対象とした研究活動支援、 学会および団体・ 特定非営利活動(NPO)法人等が行う教育・啓発活動の支援を実施しています。


難病治療中の子どもたちに世界にひとつだけのシューズをプレゼントする活動を行っています。


魅力的に働くことができる環境創りや、性別にかかわらず多様な人財が能力を発揮できる職場風土の醸成に努めています。


SDGsを達成するために、さまざまな取り組みを行っています。

本ウェブサイトでは、幅広い利用者を対象とした製品情報を掲載しています。お住まいの国では利用できない製品、もしくは認可を受けていない製品の詳細情報が掲載されている場合もあります。それぞれの居住国における正当な法的手続や規制、登録、慣習法を満たしていない可能性のある情報の閲覧に関しては、当社は一切の責任を負いません。