ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長 兼 CEO:小笠原 信)は、院内で使用されるPOCT機器の一元管理を可能にするデータ管理システム「cobas infinity POC」と、POCT用途を満たす安全性と性能、そしてスマートフォンのような操作性を備えた新しいタイプの血糖測定システム「コバス pulse」(一般的名称:グルコース分析装置)を12月25日に発売します。

POCT(ポイント・オブ・ケア・テスティング)とは、小型分析器などを用いて、被検者のそばで医療従事者が行う即時検査です。病棟やICUなど院内のあらゆる場所で行われ、医療従事者が自在に移動して行うことのできる機動性に富んだ検査といえます。しかし利便性がある一方で、POCTで使用される機器の大半は検査室や病院のシステム(LIS、HIS)に接続されておらず、結果報告は手入力によることが多いといわれています。また、糖尿病有病率が年々増加傾向にある日本では、入院中に血糖測定を行う必要のある患者も多く、日々、POCT機器を用いた検査が多く実施されています。適切な機器管理や患者データ管理における課題を抱えつつ、多くのPOCT検査が医療現場で行われているのが現状です。

そのような中、POCT検査に関する要求事項(ISO22870)が、臨床検査室の品質と能力に関する要求事項であるISO15189:2022(第4版)に統合されました。これを受けて、POCT機器の管理やトレーサビリティに関するニーズが、今後さらに高まることが予想されます。

これらの課題解決のため、ロシュ・ダイアグノスティックスは、「cobas infinity POC」と「コバス pulse」を発売します。

「cobas infinity POC」は、さまざまなPOCT機器をWebベースで一元管理できるデータ管理システムです。検査室にいながら、病棟のPOCT機器の状態をリアルタイムで把握、遠隔操作することができます。さらに、測定結果・測定ロット・日時・測定者・場所の確認や、自動生成されるレポートで結果の確認を行うことができます。

「コバス pulse」は、別売の専用試験紙を用いて全血中のグルコースを測定する医療機器です。小型でありながら中央検査室と同レベルの精度、140以上の干渉物質の影響を受けない、RFIDタグによるスピーディなログインが可能など、院内用途に必要なニーズを満たしています。Androidベースのインターフェースを採用し、まるでスマートフォンのような感覚で操作できます。データ管理システムと連携させることで、Wi-Fiを使用したリアルタイムのデータ送信、結果管理が容易になります。

両製品の導入により、手書きによる転記ミスの防止、施設間でのデータ共有、患者データとの統合が実現し、検査プロセスのトレーサビリティも確保できます。医療従事者のワークフローの大幅な改善が見込まれ、より良い患者ケアに貢献できます。

POCT機器用データ管理システム

主な機能:

・ HIS/LISとの接続
・ QC管理
・測定者管理
・データのレポート出力
・エラーの抽出

主な特長:

  • 自社品だけでなく他社のPOCT対応機器も接続可能

  • ミドルウェアとして結果を送受信するだけでなく、接続機器を管理することで「いつ・誰が・どこで・どんな検査を行い・結果がどうなっているのか」リアルタイムで確認が可能

  • 直感的でわかりやすいアイコンで機器の状態を表示

  • 測定後には、自動的に結果のレポートを表示

  • タブレット使用で、検査室以外の場所でもタイムリーにトラブルシューティング

  • 測定者のトレーニングや測定権限の管理、試薬の管理も可能


専用試験紙である血液検査用グルコースキット「コバス GLU ストリップ」(同日発売、別売)を用いて測定を行います。

主な特長:

  • Wifi対応

  • 国際標準規格 CLSIのガイ ドライン「POCT12-A3」を満たした高い精度を実現

  • 新生児やICU患者などを含む、院内のあらゆる患者に使用可能

  • グルコース測定において、140以上の干渉物質の影響を受けない

  • 密閉性の高い構造により、測定器全体の消毒が可能
    (※試験紙差込口を除く)

  • Androidベースのインターフェースを採用し、直感的に、スマートフォン感覚で操作が可能

  • 測定プロセスを光でナビゲートするので、夜間の病室などの薄暗い場所での操作性が向上

  • コンタミネーションリスクを低減するオートストリップ排出機能

  • 入力操作やバーコードが不要なRFIDによる簡単ログイン

  • データ管理システムとの連携により、測定後の転記ミスを防止、院内管理の簡便化に寄与

  • 将来のデジタルヘルスを見据え、医療従事者向けアプリケーションのインストールが可能な設計
    (2023年12月現在、国内未対応)

主な仕様:

 必要検体: 全血 0.6μL(毛細血管血、静脈血、動脈血、踵穿刺血)

 測定時間: 10 秒以下

 測定範囲: 10~600mg/dL

 記録容量: 2,000 件

 測定結果: 血漿グルコース値に換算して表示

 外形寸法: 77 mm(幅)×30mm (奥行)×210 mm(高さ)

   重量: 約 390 g (バッテリーパック含む)

広報(報道関係者向け)

本ウェブサイトでは、幅広い利用者を対象とした製品情報を掲載しています。お住まいの国では利用できない製品、もしくは認可を受けていない製品の詳細情報が掲載されている場合もあります。それぞれの居住国における正当な法的手続や規制、登録、慣習法を満たしていない可能性のある情報の閲覧に関しては、当社は一切の責任を負いません。