いまもなお世界中の多くの人が、すでに治療法が分かっている病気に苦しんだり、死亡のリスクにさらされたりしています。その理由は、正しい医療知識や治療に適した時期、医療環境を知らないからです。
たとえばインドネシアは、1万7,000を超える島々と2億7,000万人の人口をもつ国であるにもかかわらず、がん専門医は約140人、外科医は約200人しかいません。適切な医療知識や治療にアクセスできる機会が、圧倒的に少ないのです。

Project ECHOは、そうした低中所得国における“最適ながん治療へのアクセス拡大”を目指すグローバルプロジェクトです。遠隔地や医療サービスが行き届いていない地域と各国の優れた機関を繋ぎ、医療教育や治療管理のための「共同遠隔教育プログラム」を提供しています。充分な医療サービスがない地域の医療従事者を教育・指導することで、多くの患者さんを迅速かつ効果的に診断・治療し、よりよいケアが施せる状態を目指します。

Project ECHOは2003年の設立以来、世界中の人々へサービスを提供できるまでに成長してきました。現在は59か国、724を超える拠点で70の疾患領域を網羅し、192か国に学習者がいます。提供されているバーチャル教育プログラムは無料。低中所得国の医療環境を変えるため、ロシュは、ECHOの追加プログラム開発も積極的に支援しています。2025年までに10億人の命を救うことを使命として、医療・教育の大きな課題と向き合っているのです。

 

ヘルスケアシステムの強化で、よりよい結果を出す

2020年10月、ロシュは、Project ECHOとの3年間のパートナーシップを開始しました。そして、医療アウトカム改善を目指し、世界7か国(インド、インドネシア、コートジボワール、マレーシア、パキスタン、フィリピン、カナダ)でECHOパイロットスキーム(試験的プログラム)を支援しています。

ロシュの支援方法は、地域特有の医療知識の提供やサポートだけにとどまりません。デジタル技術とがん治療の業界リーダーとして、グローバルな専門知識も提供しています。初期インフラをサポートすることで、主要な拠点以外でも医療機能を拡張し、より多くの患者さんに届けられるよう支援しているのです。

最初は、女性特有のがんに焦点を当てるところからProjectを開始しました。まずは2021年、フィリピンとインドネシアで、乳がんに焦点を当てたECHOプログラムをスタートしました。将来的には、他のがんもカバーできるよう拡大する予定です。

さらに、ロシュはコートジボワールの保健省との合意文書に署名したばかり。2022年半ばまでに、同国で子宮頸がんのプログラムを開始する予定です。他の国でのプロジェクトは交渉中で、今後は毎年2か国でプロジェクトを開始することを目標としています。

 

より包括的で的を絞ったヘルスケアへ

近年のECHOプログラムはインドネシアとフィリピンで成功し、すでにその地域に大きな成果をもたらしています。フィリピンのパンパンガ州にあるグアグア町と、インドネシアのジャカルタにあるダルマイス国立がん病院が、ECHOプログラムの「乳がん管理のためのヘルスケア戦略」に注力することを決定しました。

たとえば、インドネシアのダルマイス国立がん病院は、国の乳がんセンターのネットワーク形成を加速。保健省の支援を受けて、ECHO遠隔教育プログラムを取り入れました。バンテン州のタンゲラン市で、乳がんの早期発見プロジェクトを開始した患者団体にも、このプログラムが採用されています。
地元関係者は、国立がんセンターとともに、プログラムの拡大案も策定。2024年までに、10の拠点と110の参加者から成る遠隔教育ネットワークの確立を目指しています。

フィリピンの地方の市では、プロジェクトを長く持続させるため、乳房の早期スクリーニング検査と乳がん発見に資金を割り当てる条例を発令しました。

ロシュとProject ECHOのグローバルなパートナーシップを通じて、他の国での活動と同様に、バーチャル・ネットワークを活用したがん検診プログラムの強化も検討されています。たとえばタンザニアでは、地域全体で数十を超えるECHOの拠点を活用して、施設と紹介病院をバーチャル接続することが可能になりました。

また、HIVプログラム(※1)に貢献してきたロシュのプレゼンスによって、既存の拠点を最大限に活用することができます。11の地方病院にあるロシュのHPV(※2)検査システム15台とともに、HIVおよび子宮頸がんの世界的な目標を達成するため、これからも歩みを進めていきます。

 

※1 ロシュは長年にわたり、医療アクセスが十分でない国において、適切なHIV検査及び治療のための活動を推進しています

※2 HPV検査: 子宮頸がん等の原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)を調べる検査

 

原文はこちら(ロシュグループサイト)https://www.roche.com/stories/project-echo

 

(2022/9/2掲載)

Stories トップに戻る