メディアリリース

2021.07.19

感謝のピースを、ひとつのハートに込めて 新型コロナウイルス感染症に立ち向かう医療従事者の皆さまを応援する 「モザイクアート」を公開

ロシュ モザイクアート ビジュアル

 

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長 兼 CEO:小笠原 信)は、新型コロナウイルス感染症に立ち向かう医療従事者の皆さまを応援する「Fight Against COVID-19 Together モザイクアート」プロジェクトを実施し、全国の医療従事者の姿とメッセージを画像に収めたモザイクアートを新たにコーポレートサイトで公開しました。

 

医療従事者の皆さまを応援する「Fight Against COVID-19 Together モザイクアート」プロジェクトは、2020年6月にスタートしました。プロジェクトの目的は、全国の医療現場のフロントラインでCOVID-19に立ち向かう検査技師等の方々の姿を日本中で共有し、日々の業務の励みにしていただくことです。

 

本プロジェクトに賛同いただいた全国のさまざまな医療機関のご協力により、たくさんの写真とメッセージが集まりました。そして、皆さまから想いのこもった画像を一枚一枚のピースにして、一枚の大きなモザイクアートに仕上げました。

 

モザイクアートのモチーフとなったのは手でハートを形作っている写真です。ハートは感謝の意を、そしてその手には医療従事者を示すブルーの手袋がはめられています。この写真はロシュが2020年に作成したもので、スイス・バーゼルの本社ビルで実施したプロジェクションマッピングにも用いるなど、世界中で感謝の意を示す際に使用しています。

 

このモザイクアートを、ご参加された方々はもちろんのこと、全国の医療従事者の皆さまにもご覧いただき、日々の業務の励みにしていただくことを願っています。

 

 

【特設ページ概要】

 

ロシュ モザイクアート - イメージ

 

特設ページからモザイクアートのページに遷移できます。モザイクアートの画像をクリックするか、ID番号で検索すると、拡大画像が見られます。