メディアリリース

2018.05.01

成長ホルモン分泌異常による疾患の迅速診断を支援 「エクルーシス試薬 IGF-1」発売のお知らせ

 

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長 兼 CEO:小笠原 信)は、 成長ホルモンの分泌異常を反映するIGF-1の血中濃度測定用キット「エクルーシス試薬 IGF-1」を5月8日に発売します。

 

IGF-1(インスリン様成長因子I)は、成長ホルモン(GH)の成長促進作用を仲介する物質で、主に肝臓で産生され、その血中濃度はGHの分泌異常を反映しています。先端巨大症(末端肥大症)やGH分泌不全性低身長症などのGH分泌異常による疾患の診断やモニタリングには、GHとIGF-1の血中濃度が用いられます。

 

「エクルーシス試薬IGF-1」は、電気化学発光免疫測定法(ECLIA法)を測定原理とし、当社の自動分析装置を用いて、10μLという微量の検体量でIGF-1を18分で迅速測定します。弊社で既に発売している「エクルーシス試薬 hGH」を使用することで、GHも同時に測定することが可能です。

 

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社は、今後も臨床的な価値の高い製品を提供することで、検査の効率化に貢献してまいります。

 

【製品特長】

 

  • 10μLの微量検体でワンストップ自動測定
  • 電気化学発光免疫測定法(ECLIA法)により18分で迅速測定
  • 成長ホルモン(GH)との同時測定が可能

 

【製品概要】

 

  1. 希望販売価格(税抜)
    100テスト用 160,000円
  2. 保険点数
    230点 (D008-42)
  3. 対応機種
    既に発売済みの当社検査機器「cobas e 411」、「cobas 6000(e 601)」、「cobas 8000(e 602)」、「MODULAR ANALYTICS(E170)」を用いて自動測定が可能。「cobas 8000(e 801)」用の専用試薬は夏までに発売予定

 

【製品写真】

elecsys_igf

エクルーシス試薬 IGF-1