メディアリリース

2017.05.15

次世代シークエンシングの新ブランド「AVENIO」始動 「AVENIO ctDNA Analysis システム」発売

 

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長 兼 CEO:小笠原 信)は、シークエンシングソリューションの新しいブランド「AVENIO」を展開します。第一弾として、リキッドバイオプシーによるがん遺伝子解析システム「AVENIO ctDNA Analysis システム」(研究用)を5月15日に発売します。

 

「AVENIO ctDNA Analysis システム」は、次世代シークエンサー用のがん遺伝子検出用キットと、データ解析用サーバーから成るシステムです。後期の固形腫瘍(肺がん、大腸がんなど)の患者をターゲットとし、血漿検体(リキッドバイオプシー)から4種類の遺伝子変異(※)を調べることができます。分子レベルでの検出エラー防止策により、血漿中ごくわずかに存在する腫瘍由来のctDNA (circulating tumor DNA)から遺伝子変異を高効率に検出、解析します。

 

検出用キットはTargeted(がんの治療選択時)、Surveillance(再発モニタリング時)、Expanded(再発後の治療選択時)の 3種類あり、目的の病態に合わせて選ぶことができます。サーバーにインストールされている解析用ソフトウエアは、煩雑な作業を要することなく、大量のシークエンシングデータから変異の数や頻度、品質情報などをレポートします。当社が保有する技術をまとめることで、ctDNA抽出から解析サポートまで、リキッドバイオプシーに特化したワークフローの提案が実現しました。患者間で異なる多種多様な変異の研究を幅広くサポートします。

 

ロシュ・ダイアグノスティックスは、AVENIOブランドのポートフォリオを拡大させ、シークエンシングがより身近な検査になることを 目指していきます。

 

※SNV (一塩基多型):ゲノム配列中の一塩基が別の塩基に変異する配列変異
  indel (挿入欠失):  塩基が挿入、または欠損している領域
  CNV (コピー数多型):1つ以上の遺伝子のコピー数が異常になるゲノムの変化
  Fusion(融合領域): 複数の遺伝子が連結されて新たな遺伝子を生じる領域

 

【製品特長】

 

  • 4種類の遺伝子変異(SNV、indel、CNV、Fusion)を同時に解析
  • 分子レベルの検出エラー防止策により、高効率な変異の検出、解析が可能
  • 目的に応じて選べる3種類の検出用キット
  • 検出用キットに最適化された解析アルゴリズムで結果をレポート

 

【AVENIO ctDNA Analysis システム内容】

 

① 検出用キット

AVENIO ctDNA Targeted Kit

16テスト 595,000円 治療選択時

AVENIO ctDNA Expanded Kit

16テスト 1,105,000円 再発後の治療選択時

AVENIO ctDNA Surveillance Kit

16テスト

765,000円

薬剤投与後の再発モニタリング時

② 解析用サーバー

Oncology Analysis Server (一台) 2,550,000円

 

①と②は組み合わせて使用

 

【対応する次世代シークエンサー】

 

イルミナ社「NextSeqシリーズ」

 

【AVENIOについて】

 

AVENIOは、ロシュの次世代シークエンシング関連製品の新しいブランドです。シークエンシングの"新しい道"に向けて アイディアを呼び起こす、という意味を込めています。