ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社は、スイスに本社を置くロシュグループの診断薬事業部門の 日本法人です。ロシュグループは1896年に創業したヘルスケアカンパニーで、 現在、医薬品と診断薬・機器事業をビジネスの主軸としています。 ロシュ製品が日本に上陸したのは1904年(明治37年)のことでした。その後、1932年(昭和7年)に日本ロシュ株式会社が誕生しました。国内では1971年(昭和46年)に診断薬事業を開始し、1997年にロシュがドイツのベーリンガーマンハイム社を統合したことにより、 翌1998年に日本ロシュの診断薬事業本部が分離、ベーリンガーマンハイム株式会社 と統合し、ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社が誕生しました。