当社における新型コロナウイルス感染者の発生について

2021年1月14日

 

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社は、札幌支店(北海道札幌市)に勤務する従業員 一名が、新型コロ ナウイルスに感染していることを 1 月 13 日に確認しましたのでお知らせします。 

 

当該従業員は、1 月 12 日に指定医療機関にて PCR 検査を行い、翌13日に陽性と判明しました。これを受けて当社では、保健所の指導のもとで必要な対応を取っており、本人の行動履歴から顧客・取引先・社内における濃厚接触者はいないことを確認しました。

 

当社は、医師による診断をサポートする臨床検査に使われる「体外診断用医薬品・機器」を扱っており、診断機器が各施設で円滑に稼働するように、厳重な感染防止対策を行いながら、機器の設置、修理・点検を実施し、診断用医薬品の安定供給に努めています。また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大抑止に向けて、テレワークの推進、検温・手洗い・マスク着用等の感染予防策を講じております。

 

今後も、関係機関と連携し、社内外への感染拡大の抑止を最優先に、患者さん、医療関係者、社員の安全確保に努めてまいります。



以上