ロシュ創立125周年、日本における診断薬事業50周年記念

患者さんをよく知ることが、適切な医療の第一歩。
一人ひとりちがう患者さんのことを正しく把握する上で、検査は大切な役割を担っています。
私たちはより早く、より確かな検査の提供を通じ、健康・予防・診断・治療・予後のすべてのステージにおいて、医療と患者さん本人の判断を支援します。
一人でも多くの患者さんに、「受けてよかった」と言ってもらうこと。
それが、これからも変わらない私たちの願いです。

ロシュグループは創立125周年、日本での検査薬事業は50周年を迎えます。

私たちロシュ・ダイアグノスティックスは、この節目の年に、医療における検査の大切さを伝えるコンテンツを展開するほか、イベントの開催を予定しています。順次、本ページでお知らせしていきます。

 


私の「受けてよかった」ストーリー

病気を経験し、治療を乗り越えられた方に、体験談を語っていただきました。

イメージ

手術前から定期検査まで、大事なタイミングでしっかりと検査を受けられ、順調に回復へ向かっています。
(急性心筋梗塞)


奈良正明さん

記事を読む

イメージ

がんのタイプを調べる検査で、自分に合う治療薬が判明。 回復を信じ、前向きに歩むことができました。
(悪性リンパ腫)


村上真理子さん

記事を読む


PCRについて学ぶ「PCRって何ですか?」

イメージ

昨今、新型コロナウイルス感染症の検査法として広く認知されている「PCR」について、PCR技術の発展に大きく寄与してきたロシュが解説します

詳しくはこちら