ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

閉じる

OPEN

ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリース

2018年10月3日

原発性骨粗しょう症患者さんへの適切な治療選択に貢献
「エクルーシス試薬 ビタミンDトータルII」保険適用のお知らせ

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長 兼 CEO:小笠原 信)は、 2018年8月21日に発売した、血液中の25-ヒドロキシビタミンD(25(OH)D)を測定する「エクルーシス試薬 ビタミンDトータルII」が10月3日に保険適用されたことをお知らせします。

高齢化に伴い、日本では50歳以上の女性の3人に1人が骨粗しょう症を発症しており*1、2016年の患者数は1250万人*2と推定されています。骨粗しょう症をはじめとする代謝性骨疾患の原因の一つとして、ビタミンDの不足が考えられています。2017年には、厚生労働省・日本骨代謝学会・日本内分泌学会が合同でビタミンDの不足・欠乏の判定指針を策定し、血清25(OH)D濃度がビタミンDの充足度評価に用いられています。同指針によると、血清25(OH)Dが低濃度の場合には、骨折や転倒リスクが高まるとともに、骨粗しょう症治療薬の一つである骨吸収抑制剤の反応性不良が認められます。

8月21日に当社が発売した「エクルーシス試薬 ビタミンDトータルII」は、骨粗しょう症を含む代謝性骨疾患を対象とした体外診断用医薬品として製造販売承認を取得し、10月3日に原発性骨粗しょう症を対象として保険適用となりました。電気化学発光免疫測定法(ECLIA法)を測定原理とし、当社の自動分析装置を用いて、血清・血漿中の25(OH)Dを27分で測定します。

今回の保険適用により、骨粗しょう症の患者さんの適切な治療選択に貢献できることを期待します。

  • *1山本逸雄ほか:Osteoporosis Jpn7(1):10,1999
  • *2骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015版

【保険適用の内容】
測定項目
25-ヒドロキシビタミンD
測定方法
ECLIA(電気化学発光免疫測定法)
保険点数
117点
対象患者
原発性骨粗しょう症
留意事項:
  • ECLIA法を用いた25-ヒドロキシビタミンDは、区分番号「D007」血液化学検査の「30」KL-6の所定点数に準じて算定する。
 
  • 本検査は、原発性骨粗しょう症の患者に対して、ECLIA法により測定した場合にのみ測定できる。ただし、骨粗しょう症の薬剤治療方針の選択時に1回に限り算定する。
 
  • 本検査を行う場合には、関連学会が定める実施方針を遵守すること。
   
【製品概要】
(1) 希望販売価格(税抜)
100テスト用 110,000円、300テスト用 330,000円
 
(2) 対応機種
既に発売済みの当社検査機器「cobas 8000(e 801)」、「cobas 8000(e 602)」、「cobas 6000(e 601)」、「cobas e 411」、「MODULAR ANALYTICS(E170)」を用いて自動測定が可能。

【製品写真】
<この写真は、下記URL「製品画像ダウンロード」より入手可能です。>
http://www.roche-diagnostics.jp/news/photo/index.html
 

本件のお問い合わせ先

広報グループ(報道関係者向け)

電話03-6634-1062


医療関係者の方

カスタマーサポートセンター

電話 0120-600-152



代理店の方

各営業所(支店)

国内拠点

関連サイト

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社