ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

閉じる

OPEN

ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリース

2017年10月19日

本資料はロシュ・ダイアグノスティックスの親会社であるF.ホフマン・ラ・ロシュ社が2017年10月19日(スイス現地時間)に発表した英文プレスリリースを一部抜粋した翻訳版です。この資料の正式言語は英語であり、表現や内容については英語の原文が優先されます。

原文は下記URLよりご参照ください。
https://www.roche.com/media/store/releases/med-cor-2017-10-19.htm

日本国内では、ダイアベティス・ケア事業(血糖測定関連事業)は、ロシュDCジャパン株式会社が担当しています。


2017年10月19日 バーゼル発

ロシュグループ/診断薬事業部門 2017年度第三四半期(通期)業績のお知らせ

●ロシュグループ売上は現地通貨ベースならびにスイスフラン換算で5%
●診断薬事業部門の売上は、主に免疫検査製品が牽引し、5%の成長
特に指定のない限り、この記事で記載している全ての成長率は、現地通貨ベースです(CER:2016年の平均値)

診断薬事業部門の売上高は、5%増の88億スイスフランとなりました。免疫検査事業(+13%)の成長が寄与したセントラライズド/ポイント・オブ・ケア ソリューション1領域(+7%)が中心となって業績に貢献しました。地域別では、中国(+21%)が大幅な成長を維持したことにより、アジア・パシフィック(+15%)が、特に売上を牽引しました。EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)では3%、ラテンアメリカでは11%、北米では1%、日本では、1%の売上増となりました。

次世代の診断製品
臨床の業務フローおよび治療方針の決定を支援するソフトウェア、Navify Tumour Board solutionを発売しました。院内でがん患者の症例を検討する、いわゆる腫瘍症例検討会や合同カンファレンスでの最適な方針決定に役立ちます。Navifyシリーズ初の製品であり、このNavifyシリーズでは、医療従事者に、患者ケアを変えるデジタルの決定支援ソリューションを提供していきます。

今後は、研究開発のアプリケーションだけでなく、医療従事者が直面している課題に取り組むための、さらなる方針決定支援アプリケーションとワークフローも含めた製品を展開していきます。

コバス6800/8800用の検査キットcobas Zika testがFDAで承認されました。cobas Zika testは、人の血漿検体からジカRNAウイルスを検出する初めての商品化されたキットであり、献血での血液スクリーニング用途となります。

診断薬事業部門

セントラライズド/ポイント・オブ・ケア ソリューション(+7%)は、アジア・パシフィック地域での継続的な力強い成長により、診断薬事業部門全体の業績に最も寄与しました。免疫検査(+13%)と生化学検査(+3%)から成る血清検査領域が主な成長ドライバーです。

コバス e 801用の血清検査項目のラインアップがすべて揃い、全自動機器で血清検査の全項目を検査することが可能となりました。コバス e 801を中心とするIntegrated Core Lab(ロシュが提案する将来の統合検査室)は、ますます複雑化し厳しくなる医療環境の要望に対応しています。Integrated Core Labは、EuroMedLabやAACC (Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo)に出展しました。発売以来、500モジュールを超えるコバス e 801が市場で導入されています。システムの事業規模での統合とクラス最高のテクノロジーは、検査室に最高レベルの効率性を提供し、品質を向上させ、そして患者ケアの管理を改善させるとともに、厳しい市場における競争を助けます。

モレキュラー・ダイアグノスティックス2は、基幹ビジネスが4%の増収でしたが、シークエンシングは減収となり、全体で3%の売上増となりました。地域別では、アジアパシフィックとEMEAが成長を牽引しました。血液スクリーニングとHPV(ヒトパピローマウイルス)スクリーニング検査はそれぞれ4%と8%の伸長となりました。B型肝炎、C型肝炎、HIVの診断とモニタリング製品群を含むウイルス検査では、C型肝炎製品の前年の売上が非常に好調だった反動で、2%の減収となりました。

ティッシュー・ダイアグノスティックス3は、北米とEMEA が牽引し、売上高は13%の増加となりました。アドバンスト・ステイニング製品とプライマリー・ステイニング製品の売上は、それぞれ10%と13%伸長しました。コンパニオン診断薬の売上は32%の伸長を示しました。CINtec Histology/ CINtec PLUS Cytology テストは、引き続き高成長(+20%)をとげ、4月に米国で発売したCINtec Histology 510(k)も売上に寄与しました。

ダイアべティス・ケア4では、特に北米(-11%)での困難な市場状況により、2%の減収となりました。ラテン・アメリカでは8%、アジアパシフィックでは2%の売上増でしたが、EMEAでは2%、日本では4%の減収となりました。

【事業領域説明】
*1:セントラライズド/ポイント・オブ・ケア ソリューション:免疫・生化学検査、血液凝固検査、
ポイント・オブ・ケア・テスティング(POCT) (以前の プロフェッショナル・ダイアグノスティックス)
*2:モレキュラー・ダイアグノスティックス:遺伝子検査用試薬・機器
*3:ティッシュー・ダイアグノスティックス: 病理学的検査用試薬・機器
*4:ダイアべティス・ケア: 血糖測定関連事業

本件のお問い合わせ先

広報グループ

電話03-6634-1062

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社