ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

閉じる

OPEN

ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリース

2017年3月10日

社員の新しい働き方を推進、ロシュの魅力をさらにアピール
本社ビル移転のお知らせ

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長 兼 CEO:小笠原 信)は、社員の働き方を改革するとともに、顧客向けの設備をさらに充実させることで社外への存在感を高めるため、3月21日に本社を移転します。

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社は、社内外のステークホルダーへの新たな貢献という観点から、1998年の会社設立以来、営業しておりました芝公園から品川のオフィスに3月21日に移転します。社員に対しては、ABW(Activity Based Working)を導入し、業務内容に応じ、働く場所を選択できるよう柔軟性を持った新しい働き方を支援することで、社員のプロ意識を高め、生産性を向上させ、顧客にイノベーションを提供できる環境を整備します。また、在宅勤務の申請プロセス簡略化、育児や介護を担う社員向けのライフイベント型在宅勤務制度の導入やフレックスタイム制度のより柔軟な運用など、人事制度も変更し、社員の働き方の改革を推進します。新オフィスでは、ショールームや顧客向けのトレーニングルーム、ラボラトリースペースなどをこれまで以上に充実させ、機器の見学やトレーニングに訪れた方々に、当社の総合的なサービスや検査の価値を実感いただく場を提供します。            

【新オフィス概要】
  • 住  所 〒108-0075 東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス(15階・16階)
  • 代表電話 03-6634-1111
  • 業務開始日   2017年3月21日(火)
  • 交  通 東海道新幹線・JR各線・京急本線「品川」 駅 港南口より徒歩 6分
【新オフィスの主な特徴】

社員の執務スペース
社員が仕事に合わせて自由に選べるさまざまなワークデスクやコラボレーションスペースを用意

  • 通常のデスクの他に、高さを調整できる昇降デスク、打ち合わせにも便利なボックスシート、 ベンチシートなど多様なタイプを設置
  • 従来型の会議室に加え、PC会議用のテレホンブース、集中したいときに使える1人用のフォーカスブースを装備、カフェテリアにも執務可能なスペースを確保
  • ペーパーレスを推進、従来比70%の書類を削減、ライブラリースペースで書籍等を共有化

社外顧客向けスペース
ロシュの技術だけではなく、サポート力もご覧いただくことで、ロシュの魅力を感じていただく

  • ショールームでは最新の設備により、タッチパネル等でロシュグループの紹介、検査に関する理解を深めてもらう資料などを多角的に紹介するとともに、商談スペースやセミナーなどにも使用できるスペースを確保
  • 顧客へのトレーニングを実施するトレーニングセンターをさらに充実させ、コールセンターやラボラトリースペースもガラス張りで見学コースを設置


コミュニケーションとコラボレーションを促進する
オープンな執務スペース

一人で集中したい時に使用できる
フォーカスルーム
 

ショールームの一角にある、ジオラマとディスプレイで
検査室の将来像を体感いただくコーナー

より広く洗練された顧客向けの
トレーニングルーム

【新オフィス画像】
<この写真は、下記URL「人物等その他画像ダウンロード」より入手可能です。>
http://www.roche-diagnostics.jp/news/photo/other_index.html

本件のお問い合わせ先

広報グループ(報道関係者向け)

電話03-5443-7040


医療関係者の方

カスタマーサポートセンター

電話 0120-600-152



代理店の方

各営業所(支店)

国内拠点

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社