ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

閉じる

OPEN

ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリース

2013年12月03日

子宮頸がん検診におけるHPV併用検査と16/18型タイピング検査の有用性を紹介
臨床医向け情報サイト「hpv16and18.jp」(http://www.hpv16and18.jp/
開設のお知らせ

 

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(代表取締役社長 兼 CEO:小笠原 信)は、子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウィルス)の中でも、がんへの進展リスクが特に高いHPV16型および18型タイピング検査の有用性を中心に、HPV検査に関する最新情報を紹介する臨床医向け情報サイト「hpv16and18.jp」を12月3日に開設します。

子宮頸がんは、その多くがHPVの持続感染により発症すると考えられています。中でもHPV16型および18型の持続感染は前がん病変への進展率が高く、かつ、進展速度がその他の高リスク型HPVに比べて早いことがわかってきました。また日本における子宮頸がんの約6割はHPV16/18型に起因していると言われています。 本サイトでは、子宮頸がん検診に携わっておられる先生から、既にHPV検査を実施されている先生まで、幅広くご参照いただけるよう、HPV16/18型タイピング検査の有用性を中心に、子宮頸がん検診におけるHPV検査の意義をエビデンスとともに紹介しています。

【サイトの特徴】

  • 子細胞診・HPV検査・HPV16/18型タイピング検査によるリスク層別化の有用性を資料、専門医のビデオ等で紹介
  • 米国における大規模多施設共同研究(ATHENAスタディー)に基づく子宮頸がんのリスク評価が可能
  • HPV検査に関する国内外の最新ニュースや研究情報を紹介
  • HPV検査対応施設の検索が可能 (本サイト内に2014年以降公開予定)

ロシュ・ダイアグノスティックスでは、16/18型のタイピングとその他12種類の高リスク型HPVを一括で検出できる遺伝子検査キット「コバス4800 システム HPV」を2013年1月から販売しており、子宮頸がんへの進展リスクが特に高い女性を特定することで、子宮頸がんの早期発見、早期治療へ向けてこれからも貢献していきます。

サイト URL:http://www.hpv16and18.jp/

【hpv16and18.jp画面】

トップページ
トップページ

子宮頸がんリスク評価画面
子宮頸がんリスク評価画面

本件のお問い合わせ先

広報グループ

電話03-5443-7040

FAX03-5443-7113

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社