ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

  • Global Web Site
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

閉じる

OPEN

個別化医療とは

従来から行われている標準的な治療法では、診断された病気が同じであれば、同じ治療薬を投与します。しかしこの方法では、一部の患者さんには効果があっても、別の患者さんにはあまり効果がなかったり、副作用に苦しんだりするケースがあります。

標準的な治療法 -イメージ

近年、病気の原因や病態について遺伝子や蛋白など分子レベルで解明が進むにつれ、同じ病気と診断された患者さんの中でも、実際には遺伝子や蛋白などの分子の違いにより様々なタイプの患者さんがいることがわかってきました。そして、この異なる要因が治療の効果に大きく影響していたこともわかってきたのです。
このような科学の進歩によって、患者さんごとの病気や病態を決定づけている遺伝子や蛋白をより詳細に調べて、直接作用する薬を投与して病気を治したり病態を改善したりすることができるようになってきたのです。
「患者さん一人ひとりに合わせた治療を実施する」 これが、私たちの目指す個別化医療です。

個別化医療 -イメージ

コンパニオン診断薬と分子標的薬

コンパニオン診断薬と分子標的薬 -イメージ

個別化医療では、病気と診断されると、治療を始める前にあらかじめ患者さんのタイプを知る必要があります。この患者さんごとのタイプを検査するための診断薬を「コンパニオン診断薬」といいます。
コンパニオン診断薬で患者さんを遺伝子や蛋白のタイプによってグループ分けし、患者さんのグループで高い効果が期待できる治療薬を投与します。
この治療薬を「分子標的薬」と言います。
このように、コンパニオン診断薬と分子標的薬を組み合わせることで「個別化医療」は実現します。

診断薬とコンパニオン診断薬

病気かどうか、どんな病気か、病気の程度はどのくらいか、などを調べるときには、尿検査や血液検査、病理検査といった検査が行われます。このような検査に用いられる検査薬を「診断薬」といいます。一方で「コンパニオン診断薬」は、特定の薬(医薬品)の効果を予測する検査のために用いられます。薬(医薬品)と対になって用いられることから、「コンパニオン診断薬」と呼ばれます。

個別化医療がもたらすベネフィット

個別化医療がもたらすベネフィット -イメージ

高い治療効果が期待できたり副作用の可能性を低くできる個別化医療は、患者さんに安心感を提供したり、QOLの向上が見込めたりと、さまざまなベネフィットが期待されています。医師や医療従事者はあらかじめ効果を予測して治療薬を投与できるので、最適な治療法を患者さんに提供できます。
また、効果が見極められないまま投与する治療薬が減るので、費用対効果による国民の医療費全体の抑制も期待できます。

どんな病気が対象になるの?

どんな病気が対象になるの? -イメージ

主に「がん」において個別化医療が活用されています。
【乳がん、胃がん、大腸がん、非小細胞肺がん、皮膚がん(メラノーマ)など】
さらに最近では、がんだけでなく、気管支ぜんそくやC型肝炎などにも応用できることがわかってきています。
今後研究が進むにつれて、さらに多くの病気に活用されていくことが期待されています。

乳がんの例

乳がん患者さんの約20~30%は、がん細胞上にHER2という蛋白が過剰に存在するタイプです。このタイプの乳がんは、再発の可能性が高いなど予後が悪いことがわかっています。コンパニオン診断薬を用いてこのタイプかどうかを調べ、このタイプであればHER2を標的とする分子標的薬を投与します。これにより、従来の治療法に比べ生存期間が延長されました。

ロシュ・グループの取り組み

ロシュ・グループの取り組み -イメージ

ロシュ・グループには、診断薬事業部門を担う会社と医薬品事業部門を担う会社があります。このため、新薬の開発および研究において、早期からグループ内で協力し合うことができます。コンパニオン診断薬と分子標的薬が一緒に開発されることが重要となる個別化医療において、これは大きな強みと言えます。

ロシュ・グループは、2006年に個別化医療をグループの戦略の中核に据えました。個別化医療のパイオニアとして、現在、ロシュ・グループ内では多くの関連プロジェクトが進行しています。
(2014年12月現在)

中外製薬株式会社Webサイト

参考:中外製薬株式会社Webサイト
「個別化医療」が可能にする未来。
(外部サイト)

中外製薬株式会社は、ロシュ・グループの重要メンバーとして、国内外で積極的な医療用医薬品の研究開発活動を展開しています。特に「がん」領域を中心に、アンメット・メディカルニーズを満たす革新的な医薬品の創製に取り組んでいます。

PAGE TOP

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社