ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

  • Global Web Site
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

閉じる

OPEN

臨床検査とは

からだの具合が悪いと思ったとき、診療所や病院に行って調べてもらうときがあります。お医者さんは症状について質問したり、聴診器を使って調べたり、脈拍や体温、血圧を診たりします。それだけでは診断がつかないときには、血液を採取したり、レントゲンなどの画像を撮ったりして、さらに詳しく調べます。このような検査を臨床検査といいます。ほかにも、病気の程度が重いか軽いか調べるとき、また薬の効果を見るときなどにも役立っています。

 

臨床検査の役割

臨床検査は、病気について調べるだけでなく、病気になる前の予防の段階から、治療効果の確認まで幅広く活用されています。

標準的な治療法 -イメージ

 

臨床検査の分類

臨床検査は以下のように分類されます。
ロシュ・ダイアグノスティックスは、検体検査領域において幅広く事業を展開しています。

検体検査

身体から取り出したもの(血液、尿、便、細胞など)を調べる検査

 
 
 
尿・便などの一般検査
 
成分を調べて腎臓、肝臓、膀胱などの異常を調べることができます。

 

血液学的検査
 
赤血球、白血球、血小板の形や量、凝固・線溶(血液の固まりやすさ)などを調べる検査です。貧血や白血病、感染症などのスクリーニングに用いられます。

 

生化学的検査
 
血清中の物質を化学的に分析し、健康状態や病気の程度などを調べる検査です。血液中の糖質、蛋白質、ビタミン、ホルモンなどを調べ、臓器の異常を把握します。
 
【主な検査項目】
脂質:   総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール
肝機能:  GOT、GPT、γ-GTP、ALP、LDH、コリンエステラーゼ)
肝炎:   HBs抗原・抗体、HCV
腎機能:  尿素窒素(BUN)、クレアチニン
膵機能:  アミラーゼ、リパーゼ
糖尿病:  血糖、ヘモグロビンA1c
痛風:   尿酸
電解質:  ナトリウム(Na)、カリウム(K)、クロール(Cl)

 

免疫血清学的検査
 
人間のからだは、体内に細菌やウイルスが侵入する(感染)と、それらに抵抗する抗体という物質を作り、からだを守ろうします。免疫血清学的検査は、感染によってできた抗体の有無や量を調べる検査です。 また、血液中のホルモンなど微量な物質の測定もできます。
 
【主な測定項目】
腫瘍マーカー:    CEA、AFP、PSA、CA19-9
甲状腺関連:    TSH、FT4、FT3、TRAb(TSH受容体抗体)
性腺関連ホルモン: LH、FSH、E2、PROG(プロゲステロン)
心筋マーカー:    高感度TnT、NT-proBNP
感染症:       肝炎ウイルス(HBV、HCV)、HIV
骨関連:       intact-PTH、whole-PTH、P1NP
血中薬物(TDM): タクロリムス、シスロスポリン、ジゴキシン

 

微生物学的検査
 
採取した検体を培養し、病気を引き起こす細菌などの微生物を検出します。

 

輸血・臓器移植関連検査
 
輸血のための血液型検査や交差適合検査、臓器移植のための臓器適合検査があります。

 

遺伝子検査
 
遺伝子を調べてDNAの異常を検出します。検体にごくわずかに存在する病気に特異的な遺伝子の有無を調べます。がんや白血病などのタイプを知ることもできます。

 

病理学的検査
 
身体の臓器や、その組織の一部あるいは細胞を顕微鏡によって観察し、悪性細胞などを見つけます。

 

生体検査(生理機能検査)

心電図やエコー、レントゲンなど身体そのものを調べる検査

 
心臓系検査
脳波検査
眼底写真検査
呼吸機能的検査
超音波検査
磁気共鳴画像検査
熱画像検査

 

PAGE TOP

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社